痔について

このページは現在準備中です。

痔の色々な疾患

痔核(いぼ痔)

できる場所によって内痔核と外痔核に大きく分けられます。

裂肛(切れ痔)

肛門管にできた裂創または潰瘍病変で、俗に「切れ痔」「さけ痔」と言われるものです。


 

肛門周囲膿瘍

肛門周囲膿瘍は、基礎疾患の有無にかかわらず、速やかに切開排膿処置が必要です。

痔瘻(あな痔)

男性に多い痔です。まず肛門周囲膿瘍ができてから痔瘻へと進んでいきます。

直腸脱

肛門括約筋が緩み大きく開いて、直腸全体が翻転して肛門外へ脱出した状態です。

直腸瘤

女性の場合、直腸と膣の間の壁が弱くなると、直腸の前側の壁が膣側へポケット状に膨らみ、便が入り込んで排便障害の原因になります。

その他大腸、肛門疾患

尖圭コンジローマ、粉瘤、毛巣瘻、肛門周囲皮膚炎、大腸がん、大腸ポリープ、炎症性腸疾患、虚血性腸炎、感染性胃腸炎について

排便障害(便秘、下痢、便失禁など)

排便障害とは、便失禁(便が漏れてしまう)や便秘により便がでないなど、排便に関連したさまざまな障害が生じた状態を指します。何日も便が出ないでお腹がはってきたり、便がしたいのに便が出なかったり、便が硬くなり出にくくなったりと様々な症状があります。

心と心の通った地域診療を

内科、外科、耳鼻科、整形外科、泌尿器科と診療科目を有し、
地域の皆様と共に疾病の早期発見・早期治療を目指してまいります

tel_bnr.png

staff staff blog