排便障害(便秘、下痢、便失禁など)

このページは現在準備中です。

排便障害とは、便失禁(便が漏れてしまう)や便秘により便がでないなど、排便に関連したさまざまな障害が生じた状態を指します。何日も便が出ないでお腹がはってきたり、便がしたいのに便が出なかったり、便が硬くなり出にくくなったりと様々な症状があります。

排便障害では、その基礎疾患に関連した症状がみられることもあります。
たとえば、大腸がんの手術後など、排便を司る重要な神経に障害をきたすことから排便障害を引き起こすことがあります。
そのほかにも、ストレスや運動不足、食生活の乱れなどによって排便習慣が乱れてしまい、排便障害につながることがあります。
また、直腸脱や痔瘻、痔核などの肛門周囲にしこりができる、肛門周囲に痛みを伴う腫れ物ができる、トイレットペーパーに血が着く、などの症状につながることもあります。
過敏性腸症候群(IBS)も便秘、下痢、腹痛などの症状があり、便失禁の原因になることもあります。

便秘

便をすべて出し切ることができない、数日間排便がないなどの症状がみられます。
一回あたりの排便量が充分ではなく、頻回にトイレに行かざるを得ないこともあります。
また便秘と言っても、いろんなパターンの便秘があります。

  • 器質性便秘(きしつせいべんぴ)
    急な便秘・血便・便が細くなるなどの症状が出る。(大腸がんなど大腸の異常や腸の癒着・狭窄が原因)
  • 弛緩性便秘(しかんせいべんぴ)
    腸内容物の通過が遅く、太くて硬い便が出る。(高齢者、多産婦、少食の人に多い)
  • 痙攣性便秘(けいれんせいべんぴ)
    便が少ない。ころころ硬い便が出る。残便感がある。便秘と下痢が交互に来る。(過敏性腸症候群)
  • 直腸性便秘(ちょくちょうせいべんぴ)
    便が直腸に来ても便意が起こらず、便が出せない。太くて硬い便が出る。(ストレス、便の我慢しすぎなど)

治療方法

  • 病気が原因の便秘の治療
    原因となる病気そのものを治す必要があります。腸の炎症が原因であれば炎症を抑える薬などで治療を行います。大腸がんなどが原因となっている場合は、手術療法が選択されることもあります。
  • 生活習慣が原因の便秘の治療
    偏った食事やダイエット、運動不足、便意を我慢する習慣など、原因となる生活習慣を見直すことが治療の第一になります。それでも改善しなければ、薬(緩下剤、下剤、漢方薬など)で便秘の治療を行います
  • 薬の副作用が原因の便秘の治療
    服用中の薬を中止し他の薬に変更して様子をみることもありますが、どうしても中止できない場合もあります。そのような場合には下剤などを併用し、量を調整しながら排便をコントロールしていきます。

下痢

下痢の原因もさまざまです。その症状により以下のように分類されます。

  • 浸透圧性下痢(しんとうあつせいげり)
    腸粘膜の障害などで水分の吸収が阻害されるなど、腸内のトラブルによる。
  • 分泌性下痢(ぶんぴつせいげり)
    細菌感染、ウイルス、寄生虫などの原因で便の量や回数が多い。脱水症状に注意が必要。
  • 神経性下痢(しんけいせいげり)
    一日に何度も便意をもよおして、軟便や下痢を繰り返す。(過敏性腸症候群:IBS)
  • 腸の運動異常(ちょうのうんどういじょう)
    大腸の通過時間が早いため、水分が十分吸収されない。(内臓疾患・薬や食品の影響・ストレスが原因)

下痢の治療は原因によって異なりますが、一般的に行われることの多い治療には以下のようなものがあります。

治療方法

  • 細菌・ウイルスによる病気が原因の下痢の治療
    細菌が原因であれば抗菌薬などで治療を行います。ウイルスが原因の場合には、抗菌薬が効かず特効薬も存在しません。そのため、治療の主体は症状を抑える対症療法が中心になります。例えば、脱水が強い場合に点滴、発熱や腹痛がある場合に解熱鎮痛剤を服用し、自然に治るのを待ちます。
  • 消化器の病気が原因の下痢の治療
    原因の病気によって治療法は異なります。手術が必要になることもあります。
  • 薬剤が原因の下痢の治療
    服用中している薬の服用を中止し、他の薬に変えて様子をみます。ただし、自己判断で服用を中止するのは危険です。自己判断で中止せず、処方された病院に相談しましょう。
  • 生活習慣が原因の下痢の治療 
    飲みすぎ・食べすぎといった食生活、ストレスなど生活習慣が原因の下痢は、胃腸を休める、ストレスを発散する、など日常生活上の取り組みが治療の基本です。受診の際には補佐的に下痢を抑える薬や漢方薬などが処方されることもあります。

便失禁

トイレまで排便を我慢することができず、トイレに行く前に便が漏れてしまうことがあります。
加齢、分娩、肛門外傷(転落、交通外傷など)、直腸手術、糖尿病、過敏性腸症候群(IBS)、機能性下痢、下剤服用など、様々な原因があります。

  • 腹圧性便失禁(ふくあつせいべんしっきん)
    お腹に力が入った時に漏れる。(肛門括約筋のゆるみや極度の下痢が原因)
  • 切迫性便失禁(せっぱくせいべんしっきん)
    下痢がひどくて、我慢できずに漏れる。
  • 溢流性便失禁(いつりゅうせいべんしっきん)
    便が多いため、便があふれ出たり残便感があったりする。
  • 機能性便失禁(きのうせいべんしっきん)
    トイレが遠くて間に合わない。認知症や運動機能の低下で一人で排便できない。
  • 疑似性下痢(ぎじせいげり)
    直腸に硬い残便があり、その間を下痢が流れている状態である。下剤の乱用で起こる場合がある。

治療方法

  • 細菌・ウイルスによる病気が原因の下痢の治療
    細菌が原因であれば抗菌薬などで治療を行います。ウイルスが原因の場合には、抗菌薬が効かず特効薬も存在しません。そのため、治療の主体は症状を抑える対症療法が中心になります。例えば、脱水が強い場合に点滴、発熱や腹痛がある場合に解熱鎮痛剤を服用し、自然に治るのを待ちます。

  • 食生活の改善
    排便する習慣をつけたり、食物繊維の摂取などバランスのとれた食事、適度な運動、アルコールの過剰摂取は避ける。水分の摂取の調節をおこなう。規則的な生活に心がける。

  • 薬物療法
    整腸剤で腸の運動を整えたり、便の硬さを調整したり、下剤で直腸を空っぽにしたりする方法など症状にあった薬物の投与がおこなわれます。

  • 肛門括約筋骨盤底筋体操
    尿道・肛門・腟に力を入れてきゅっと締め、次にゆるめる体操を2~3回繰り返します。

  • バイオフィードバック療法
    肛門に圧力計を留置し、骨盤底筋の活動をモニタリングしながら肛門を締める練習をして、自分で締め具合を覚えるという骨盤底筋訓練を行う方法です。

  • 手術療法
    経膣分娩や肛門の手術などで肛門括約筋が断裂しているために便失禁が生じている場合に、肛門括約筋を縫い合わせる手術です。

  • 仙骨神経刺激療法(SNM)
    心臓ペースメーカーのような刺激装置を植え込み、排便に関係する仙骨神経を電気刺激して便失禁を改善する治療法です。

  • 低周波治療
    経肛門や臀部に低周波をあてる治療です。一週間から二週間に一度受診し、1回の治療時間は約20分から30分程度の治療です。

  • 順行性、逆行性腸管洗浄
    便が直腸に残っていて漏れてしまう場合は、浣腸を行って直腸に便が残らないようにしてあげる事で便漏れが防げる場合があり、自分で浣腸を行えるように指導します。

肛門括約筋不全

肛門の内および外肛門括約筋の機能低下を主体とする疾患です。

症状と特徴

  • 内肛門括約筋:意識しないでお尻を締めている。
  • 外肛門括約筋:意識してお尻を締めれる。

    内肛門括約筋機能低下では気付かないうちの便漏れが症状で、原因としては、出産による損傷(会陰切開、裂傷、吸引、鉗子分娩など)、外傷、神経疾患、甲状腺疾患、薬物性などがあげられます。
    外肛門括約筋機能低下は我慢ができないのが症状で、外傷性から筋力低下などが原因となります。

治療方法

内肛門括約筋は自分の意志で動かすことができないので治療方法はありません。
外傷性で断裂を認めるときは手術が有効な時もあります。
外肛門括約筋は自分で動かせますので、一般の筋肉トレーニング同様肛門を締める練習をすることで機能を取り戻すことができます。(バイオフィードバック)

過敏性腸症候群(IBS)

過敏性腸症候群とは、検査を行っても炎症や潰瘍などの器質的疾患が認められないにもかかわらず、下痢や便秘、腹痛、腹部膨満感などの下腹部の不快な症状が起こり持続する腸の機能性疾患です。

症状と特徴

明らかな原因は不明ですが、大腸や小腸など消化管の運動異常や知覚過敏、精神的なストレス等が関係しているとされ、複数の要因が組み合わさることIBSを発症すると考えられています。

治療方法

生活習慣(食習慣や睡眠などのライフスタイル)の乱れや、精神的なストレスなどで症状が悪くなることが多いため、まずは生活習慣の改善やストレスの軽減を図ります。運動療法も症状改善に有効とされます。生活習慣の改善で症状がよくならない場合には、薬物治療を行います。

関連ページ

心と心の通った地域診療を

内科、外科、耳鼻科、整形外科、泌尿器科と診療科目を有し、
地域の皆様と共に疾病の早期発見・早期治療を目指してまいります

tel_bnr.png

staff staff blog