裂肛(切れ痔)

このページは現在準備中です。

裂肛とは

肛門管にできた裂創または潰瘍病変で、俗に「切れ痔」「さけ痔」と言われるものです。
硬い便が出た時にできる浅い急性裂肛と、長い経過の中で繰り返されて、肛門潰瘍と見張りイボや肛門ポリープを伴う慢性裂肛に分類されます。
多くは便秘による硬い便や太い便が原因となって切れます。時に軟便・下痢などによってもできることがあります。

症状と特徴

排便時または排便後に痛みを認めます。
この痛みを避けるために排便を我慢してしまうと、さらに便が固くなるという悪循環となります。
出血は拭いた紙や便にスジ状に少し付着する程度です。
慢性化すると見張りイボと呼ばれる肛門部の突起物(皮垂)や肛門ポリープが生じ、お尻が狭くなり太い便が出せない状態(肛門狭窄)になることがあります。

治療方法

保存的治療

食生活や排便習慣(便秘や下痢など)のライフスタイルを改善して、痔の症状を悪化させないようにする「生活療法」が中心です。補助的に「薬物療法」も行います。

手術治療

入院期間は約2-7日間 治療方法により期間は変わります。

内括約筋側方皮下切開術

保存的な治療を行っても、排便時の痛みがひどいときや、一度治っても再発を繰り返すことで、裂肛が肛門狭窄になった場合は、肛門部の狭くなった部分を切開する「内括約筋側方皮下切開術」を行います。
これは狭くなった内括約筋の一部を切開して、肛門を拡張し、病変部がある場合にはその病変部だけを取り除く手術方法です。
この手術で肛門が広がり、切れにくくなり、痛みも和らぎます。

用手肛門拡張術

肛門に指を挿入して、狭くなった肛門を広げる方法です。
切開は行いません。
痛みもほぼなく、入院期間も短期間で済みますが、再発する可能性が比較的高いです。

下記の方には施行することができません

  • 妊婦又は妊娠している可能性のある方、授乳中の方。
  • 透析療法を受けている患者〔使用経験がない.アルミニウムの排泄が極端に遅延するおそれがある〕
  • 嵌頓(かんとん)痔核を伴う患者〔症状を悪化させることがある〕
  • 本剤の成分又はリドカイン等のアミド型局所麻酔剤に対し過敏症の既往歴のある患者
  • ヘモグロビンA1C

    結果がその日にわかる検査機器を導入しています
    糖尿病は自覚症状がないことが多いため、血液検査を行って発症しているかどうかを調べる必要があります。
    当院では、糖尿病の診断に重要な血糖値とHbA1c、尿検査の3項目の結果が受診した当日にわかるHbA1c測定器を使用しています。この機器を導入しているクリニックはそれほど多くはなく、通常は検査を外注していますが、当院では患者さんの状態を即日に把握し、スピーディーに治療へと反映させることができます。

  • 糖尿病脂質異常症(高コレステロール血症など)
  • 甲状腺疾患(バセドウ病、橋本病など)
  • 副腎疾患(手術を要しないもの)
  • 視床下部・下垂体疾患(手術を要しないもの)
  • 肥満・睡眠時無呼吸症候群

皮膚弁移植術

裂肛が完全に慢性化し肛門狭窄がひどい場合には「皮膚弁移動術」が行われます。
狭くなった肛門を切開して広げます。
その後、ポリープや見張り疣を取り去った後、すぐ外側の皮膚と縫合して閉じます。
縫合した部分の外側に弧状に皮膚だけ切開を加えます。
結果として皮膚の弁が作られるわけです。
この皮膚の弁が肛門の中に移動していき、新たな肛門となります。
これは他の痔の手術の後遺症で肛門が狭くなった場合にも応用できる手術方法です。

関連ページ

心と心の通った地域診療を

内科、外科、耳鼻科、整形外科、泌尿器科と診療科目を有し、
地域の皆様と共に疾病の早期発見・早期治療を目指してまいります

tel_bnr.png

staff staff blog