痔核(いぼ痔)

痔核とは

いぼ痔とも呼ばれ、痔の中で最も多くみられる疾患の代表です。
便秘、下痢でのいきみの繰り返し、長時間の坐位、重いものを持ったときなどに肛門に負担がかかり、直腸の下や肛門にある便やガスが漏れないようにしているクッション部分やそれを支えている部分が伸びたり切れたりうっ血したりを繰り返し、徐々に大きくなることで肛門から脱出するようになります。

できる場所によって内痔核と外痔核に分けられます。
肛門と直腸の境目(歯状線)の内側に出来るものを内痔核、外側に出来るものを外痔核といいます。
内痔核と外痔核はどちらかしかないということはなく、大きさに関わらず併存していることがほとんどです。

心と心の通った地域診療を

内科、外科、耳鼻科、整形外科、泌尿器科と診療科目を有し、
地域の皆様と共に疾病の早期発見・早期治療を目指してまいります

tel_bnr.png

staff staff blog