メディカルダイエット(肥満症治療薬)

日本でダイエット効果のある薬

  • サノレックス(肥満症に保険適応)
  • GLP-1受容体作動薬(肥満合併2型糖尿病で保険適応)
  • SGLT2受容体阻害薬(肥満合併2型糖尿病で保険適応)

→保険で肥満症に使える薬はサノレックスのみですが、効果は 弱く副作用が強くでるため最近ではあまり使われていない。

自費診療でならGLP-1受容体阻害薬は使用可能

→欧米、ヨーロッパではすでに肥満症治療薬として使用
→GLP-1受容体作動薬では低血糖が起きない
→SGLT2阻害薬では重症な副作用を起こす可能性があるため不可

GLP-1とは

コールドポリペクトミーのメリット

  • 消化管で分泌されるホルモン
  • 消化管ホルモンであるインクレチン(GLP-1,GIP)がインスリン、グルカゴンの分泌を調整する
  • インクレチンは全身に作用することがわかっており、消化管では蠕動運動の低下、脳では摂食中枢に作用し食欲抑制効果があると考えられている。

GLP-1による食欲抑制効果

  • GLP-1受容体作動薬は本来腸管から分泌されるGLP-1を外から投与することで効果が発現します。
  • GLP-1は体内での血中濃度が上昇すると消化管運動の低下、脳内でのGLP-1が上昇することで、摂食中枢に働きかけ食欲抑制効果を起こすと考えられています。

内視鏡的粘膜切除術(EMR)とは

1日1回製剤

  • リラグルチド
  • 食欲抑制効果が強い
  • 悪心、嘔吐が出やすい

週1回製剤

  • デュラグルチド
  • 食欲抑制効果がマイルド
  • 悪心、嘔吐が出にくい

GLP-1受容体作動薬の副作用

薬剤のため一定の確率で副作用は出現する 可能性があります。主なものは下記になります。

  • アナフィラキシーショック(重症)、蕁麻疹
  • 注射部位の発赤、腫脹
  • 悪心、嘔吐、便秘、下痢
  • 腹部不快感、膨満感、腹痛
  • 低血糖(極端な糖質制限は避けてください)

料金について

1日1回製剤

  • 36,000円/月
    (月2本+針)

週1回製剤

  • 1回9,800円(週1回)
    39,200円/月(週4回)

通院の目安(週1回製剤の場合)

1問診・カウンセリング・メディカルチェック

患者様の生活習慣や食生活などについて話し合い、太ってしまった原因を突き止め、どのように食事療法と運動療法、および生活改善を行っていけば良いかを見極めます。

2問題なければ4週おきに受診してもらい、3〜6ヶ月継続します。生活習慣を整えてながら減量効果を確認していきます。

通院の目安(1日1回製剤の場合)

1最初の2週間は10μgで投与し、副作用や食欲の確認のため受診していただきます。

2問題なければ15μgに増量し、2週間後再診していただきます。

3使用に問題なければ20μgに増量し、4週おきに受診してもらい3〜6ヶ月継続します。生活習慣を整えてながら減量効果を確認していきます。

GLP-1受容体作動薬使用にあたって

  • 使用後数ヶ月で効果が出てくることが多いので最低2〜3ヶ月は継続する必要があります。
  • 効果(食欲抑制・減量)には個人差があります。効果が認められないようであれば中止する場合もあります。
  • 減量治療は生活習慣を改善することが目的になります。 使用に問題がなければ半年ほど使用し、一度中止します。その間に生活習慣を整えましょう。

副作用が出る場合は使用を中止し、医療機関を受診してください。

心と心の通った地域診療を

内科、外科、耳鼻科、整形外科、泌尿器科と診療科目を有し、
地域の皆様と共に疾病の早期発見・早期治療を目指してまいります

tel_bnr.png

staff staff blog