内視鏡検査

当院の内視鏡検査

消化器内視鏡の専門医と、専属のスタッフが検査を担当するため、苦痛が少なく、安全・安心で質の高い内視鏡検査や治療をご提供しています。

当院では、最新の内視鏡検査装置を導入しています。ハイビジョン拡大内視鏡検査や、NBI(Narrow Band Imaging狭帯域光観察)で、微細な病変を確認することができるため、がんの早期発見が可能になりました。上部・下部内視鏡検査を同日に行うこともできますので、お時間のない方はお気軽にご相談ください。

また、内視鏡検査の際に、ヘリコバクター・ピロリ菌感染検査を同時に行い、胃潰瘍や胃がんの早期発見に繋げています。

上部消化管検査(胃ファイバー)(経口内視鏡、経鼻内視鏡)

上部消化管検査(口または鼻からの内視鏡)では、食道・胃・十二指腸を調べることができます。

実施日 水曜日・土曜日の午前(緊急時は随時対応)

下部消化管検査(大腸ファイバー)

下部消化管検査では、肛門から内視鏡を挿入し、大腸全体を調べることができます。

痛みの苦手な方には、希望があれば鎮静剤を使用し、苦痛軽減に最大限の配慮をしております。
検査でポリープが見つかった場合には、その場で切除をいたします。

実施日 水曜日の午後

心と心の通った地域診療を

内科、外科、耳鼻科、整形外科、泌尿器科と診療科目を有し、
地域の皆様と共に疾病の早期発見・早期治療を目指してまいります

tel_bnr.png

staff staff blog