糖尿病・内分泌内科 専門外来

糖尿病・内分泌内科とは

糖尿病、肥満、メタボリックシンドローム、代謝や栄養疾患、甲状腺・下垂体・副腎疾患を中心とした内分泌疾患などの、専門的な診断・治療を行っています。また、バセドウ病や橋本病をはじめとする甲状腺疾患(甲状腺腫瘍は除く)の診断・治療も行っております。

特に糖尿病診療については、医師だけでなく、看護師や管理栄養士、薬剤師、臨床検査技師、理学療法士とチームを作って「協力体制」をとり、一人ひとりの症状に合わせた治療を実践しています。

担当医表はこちら

糖尿病・内分泌内科の特色

総合的・包括的治療

糖尿病・高血圧症・脂質異常症(高脂血症)は増加傾向にあり、糖尿病を放置したために、脳梗塞や心筋梗塞、狭心症などの病気を引き起こすこともあります。また最近では、糖尿病が原因で起こる腎機能の低下も多くなっています。

このような事態を避けるために、当院ではあらゆる原因、あらゆる角度から患者様の不調を改善するために、糖尿病・高血圧症・脂質異常症(高脂血症)に対する総合的な治療を行っています。

その他にも、外来診療、教育入院や血糖コントロール入院、合併症の評価・治療目的の入院診療なども行っています。

時間短縮で、患者さんの負担を軽減

内分泌疾患(甲状腺、副甲状腺、副腎、視床下部・下垂体疾患など)は、長期にわたって通院をしていただくことが多い疾患です。

主な対応疾患

  • 糖尿病脂質異常症(高コレステロール血症など)
  • 甲状腺疾患(バセドウ病、橋本病など)
  • 副腎疾患(手術を要しないもの)(クッシング症候群、原発性アルドステロン症)
  • 視床下部・下垂体疾患(手術を要しないもの)
  • 肥満・睡眠時無呼吸症候群

糖尿病および糖尿病合併症評価の検査について

  • ヘモグロビンA1C

    結果がその日にわかる検査機器を導入しています
    糖尿病は自覚症状がないことが多いため、血液検査を行って発症しているかどうかを調べる必要があります。
    当院では、糖尿病の診断に重要な血糖値とHbA1c、尿検査の2項目の結果が受診した当日にわかるHbA1c測定器を使用しています。この機器を導入しているクリニックはそれほど多くはなく、通常は検査を外注していますが、当院では患者さんの状態を即日に把握し、スピーディーに治療へと反映させることができます。

  • 眼底検査

    眼底検査とは、眼の柔らかさを測る検査です。瞳孔の奥にある眼底の血管や網膜、視神経を調べ、高血圧による動脈硬化の進み具合や、糖尿病による網膜の変化を知ることができます。

  • 腎機能検査

    糖尿病腎症の進行度を見るため、採血、尿検査で確認します。

  • 頸動脈エコー

    首の動脈(頸動脈)の中内膜肥厚度(血管壁の厚さ)やプラーク(壁の一部が盛り上がった部分)の状態を調べることにより、動脈硬化症の進展度を判定します。

  • CAVI

    自覚症状がないことで恐れられている「動脈硬化症」の発見に役立ちます。

  • 腹部エコー

    肝性糖尿病・膵性糖尿病・悪性腫瘍等の有無を確認します。

  • CTスキャン

    内臓型肥満を正確に見分けるためには、CTスキャンを用いて腹部断面像を撮影し、腹こう内内臓脂肪(V)と皮下脂肪(S)の面積比を出して、V/S比を求めます。

  • 簡易PSG

    手の指や鼻の下にセンサーをつけ、いびきや呼吸の状態からSASの可能性を調べる検査です。

頭部CT検査

脳の委縮の確認や脳梗塞、脳腫瘍などの有無を検査します。その他、必要な血液検査なども随時行います。

胃がんは、症状が出たときにはすでに進行している可能性があるため、早期発見が大切になります。そのためには、ピロリ菌検査を行い、早期に除菌をすることが重要です。

若いうちにピロリ菌を除菌することで、胃がんを確実に予防することができます。また、もし萎縮性胃炎になっていたとしても、細胞が若いため、すぐに修復することができます。

除菌後の再感染はありませんので、早い時期にピロリ菌を除菌することで、胃がんリスクをなくすことができます。

関連ページ

  • ヘモグロビンA1C

    結果がその日にわかる検査機器を導入しています
    糖尿病は自覚症状がないことが多いため、血液検査を行って発症しているかどうかを調べる必要があります。
    当院では、糖尿病の診断に重要な血糖値とHbA1c、尿検査の2項目の結果が受診した当日にわかるHbA1c測定器を使用しています。この機器を導入しているクリニックはそれほど多くはなく、通常は検査を外注していますが、当院では患者さんの状態を即日に把握し、スピーディーに治療へと反映させることができます。

  • 眼底検査

    眼底検査とは、眼の柔らかさを測る検査です。瞳孔の奥にある眼底の血管や網膜、視神経を調べ、高血圧による動脈硬化の進み具合や、糖尿病による網膜の変化を知ることができます。

心と心の通った地域診療を

内科、外科、耳鼻科、整形外科、泌尿器科と診療科目を有し、
地域の皆様と共に疾病の早期発見・早期治療を目指してまいります

tel_bnr.png

staff staff blog