看護部

看護部長あいさつ

当院は、富里市の中核病院として、急性期医療および緩和医療を、地域の皆さんにご提供しています。その中で看護師は、「患者様をひとりの人として敬い、尊敬する」「優しく、思いやりのある看護」を行うことを念頭に置き、日々看護にあたっています。

「患者様の状態は、看護師の関わり方ひとつで変化する」と思っています。だからこそ、患者様をよりよい状態へ導くためには、看護師が患者さんと真摯に向き合い、その真意をくみ取り、最良の看護を提供することが必要不可欠だと考えています。

責任感と使命感を持ち、患者様が「安全」「安心」「信頼」できる看護師として、仕事をすることを大事にしています。何か不安なことがありましたら、お気軽にお声をかけていただければと思います。

看護部理念

当院では、下記の理念に基づき、看護を行っています。

1.「安全」な看護

危機管理意識をもち、安全な環境を整え、医療事故を防止する。

2.「安心」できる看護

一人ひとりのニーズを的確に把握し、満足してもらえるような看護を実践する。

3.「信頼」できる看護

インフォームドコンセントの下に、患者様やご家族との相互理解に努める。

看護部長からのメッセージ

看護師育成のための教育にも力を入れ、患者様の気持ちに寄り添える看護を目指しています。

看護部が考える「理想の看護師」とは

当院が理想とする看護師とは、「患者さんをひとりの人として敬い、尊敬できる看護師」です。

患者様がよりよい状態へ向かうためには、看護師は患者さんと真摯に向き合い、真意をくみ取りながら看護を行うことが、必要不可欠であると考えます。

常に優しく思いやりのある看護を目指して、この「日吉台病院」という場で、皆様に出会えたことを大切にし、患者様のために頑張っていきたいと思います。

継続(現任)教育とは

継続(現任)教育とは、看護師がテーマおよび組織の中で、責任をもって自分の役割を遂行し、患者様一人ひとりの看護を、より適切にできるようになることを目的として行う、教育活動のことです。「自己啓発」を最終目標とし、自ら主体的に学習することができる教育活動を行っています。

教育には、院内教育と院外教育があり、院内教育には「職場教育(OJT)」と「職場外教育(Off-JT)」があります。院内はもとより、近隣で活躍する看護師も対象とした「看護部主体の教育環境」を目指しています。

継続教育に求めるもの

継続教育では、仕事そのものだけでなく、職場風土や理念、自分たちを取り巻く環境など、色々なことを知る必要があります。私が継続(現任)教育に求めるものは、以下の通りです。

看護ケアの質の向上のため、教育活動で学習したことを活用し、実践すること
自分の持てる能力を精一杯出す努力をすることで、仕事への誇りをもつこと
日常の看護活動が出発点であることを、日々、再確認すること
人との関わりによって、自己開示し、フィードバックを受け入れ、成長していくこと
自己啓発と、自己研鑽に励む姿勢を持ち続けること

教育プログラムの狙い

教育目的

  1. 患者様の人権を尊重し、看護実践能力の向上を図ることにより、最善の看護を患者に提供する
  2. 日吉台病院の一員として、看護の専門性を発揮し、あらゆる看護場面に対応できる能力を身につける

教育目標

  1. 看護職として、看護の対象に誠実な態度で関わり、信頼関係を築くことができる
  2. 専門職として、常に必要な知識・技術・態度の向上に努め、根拠に基づいた看護能力を養う
  3. 医療チームの一員としての役割を自覚し、主体性をもって、生き生きと看護活動が展開できる

心と心の通った地域診療を

内科、外科、耳鼻科、整形外科、泌尿器科と診療科目を有し、
地域の皆様と共に疾病の早期発見・早期治療を目指してまいります

tel_bnr.png

staff staff blog